バイナリー投資で安定した副収入

バイナリー投資で安定した副収入

バイナリーオプションはシンプルだけど奥が深い

バイナリーオプションを始めてみて思ったことは、シンプルだけど奥が深いというものでした。FXと違って決済のポイントを考えなくて済むので、簡単ではないかと思っていたのですが意外にそう単純なものではないということがわかったのです。確かに取引自体はシンプルでやりやすいのですが、負けたら掛け金がそのままなくなってしまうというのは結構大きいものだと感じたのです。損失が掛け金の範囲内だというのは、想定外の損失がなくて安心して取引ができる要因のひとつですがその一方で、資金管理をしっかりしなければ資金をあっという間に失ってしまうリスクもあると感じたのです。

 

これがわかったのは最初の内に負けが続いて、つい金額を増やして余計に傷口を広げてしまった時で一見すると簡単そうだからと甘く見ていると痛い目にあうということがわかったのです。幸い大きな痛手を負う前に気付いたので良かったのですが、そのまま熱くなっていたら危ないことになっていただけに本当に良かったです。ただし、逆の目が出れば大きな利益がでそうだという感触もつかんだので、それからバイナリーオプションの取引法を大きく変えることにして負けたら金額を増やすのではなく、勝ったときにその利益をより増やしていく方法に変えることにしたのです。これなら一回の負けは少額で済みますし、連勝できれば大きく勝つことができますからリスクとリターンが見合っていると感じたのです。

 

ただ、この方法もどこで利益を確定させるのかというのがなかなか難しく、バイナリーオプションの奥の深さを感じさせるものとなっていました。しかし、それが攻略をしてやろうという意欲を沸き立たせてくれるものとなっていて、更にバイナリーオプションを楽しませてくれるものとなりました。そして、段々とコツをつかむうちに徐々に利益を出すことができるようになり、今では安定して勝つことができるようになったのでとても満足しています。使っているところは金融庁の新規制に対応した日本のバイナリーオプション業者で一番上にあった口座です。使いやすくてオススメですよ!

 

 

バイナリーオプションをやる前に注意すること

 

バイナリーオプション>とは初心者でもはじめやすい外国通貨取引の1種です。難しく感じでしまうと思いますが、実際には非常に簡単で手軽にできる今人気の投資方法です。トランプの「ハイアンドロー」と同じように、相場が上がるか下がるかを当てるだけの簡単な投資です。バイナリーオプションを始める前に注意すべきことがあります。

 

それは、資格を持たない詐欺業者が増え問題になっていることです。通常金融庁へ取引業者として登録が必要ですが、最近の投資ブームで資格を持たない詐欺業者が増え問題になっています。実際、国民生活センターには被害相談が急増しています。「絶対に儲かる」「簡単に儲かる」などという甘い話には、必ず裏があると肝に銘じて絶対に信じないことが必要です。

 

しかし、日本の大手取引業者を選んでおけば、まず安全に取引できるので安心してください。まずは慣れるまで無料でできるデモ取引をやってみましょう。私も一定の利益が出るまではデモ取引で何度も何度も繰り返してコツをつかんでいきました。最初は誰でも負け続けます。その負けた額をいかに抑えることができるかがまず利益につながります。なので、損出額を一定にできるような相場を見極めて挑むことが大切になります。

 

バイナリーオプションは、取引の仕組みは簡単で分かりやすいですが、相場を読むことには変わりありません。FXといった外国為替と同じようにパターンや押し目戻り目を見つけるといった戦略が重要です。なかには、丁半博打という人もいますが、実際に利益を出している人もいます。一概にしてしまうのは儲けるチャンスを潰してしまっているのではないでしょうか。確かに、ハイかローのみでゲーム性が強く感じてしましますが、あくまで投資ですので個人で自制を強く保つことができるというかたのみにおすすめします。バイナリーオプションは、単に簡単に相場にエントリーすることができ、初心者には取っつきやすいシステムというだけのものです。

 

 

バイナリーでは焦らない、待つことも大事

 

初心者の人や負け越している人がやりがちなのですが、バイナリーでのエントリーや利益決済で待つことができない、という事があります。どういう事かと言うと、チャートを見て5分足などを眺めていると、ロウソク足がピコピコと動いていて、パッと上がった時にもっと上がるだろうと、思わず買いのエントリーを押してみたり、そこで利益が出るととせっかく乗った利益を逃してなる物か、利益が下がらないうちに、とすぐに決済してしまう事です。

 

バイナリー相場は上がったり下がったりを繰り返して、上昇、下降、あるいはレンジ相場を作っているので、上がると思った所でいったん下がったり、せっかく上がった物が下がったり、その逆になる事もよくあることです。大きな流れで見ていたはずなのに、短いロウソク足の動きに気がいってしまい、思ったのと逆の動きをしたり、少しの利益でもせっかく出た利益が減りそうになると思わず決済してしまうのです。15分足や30分足など、長い目で見ればもっと利益が出せるはずの相場に乗っていたにもかかわらず、目先の微益を取りにいってしまうのです。

 

そして、利益はすぐに決済してしまうのに損益になると、また戻るはずだ、戻るまで我慢我慢、と心臓バクバクしながらチャートとにらめっこして、結局戻りきらずに大きな損になってしまうというパターン。これは、エントリーそのものに自信がないのと、損益を極端に恐れるあまりの心理が働いて起こる事だと思われます。という私もそうでしたので、気持ちはよく分かります。
しかしバイナリーで勝つためには、チャートを見るたびに利益が取れそうだ、とエントリーするのではなく、大きな流れを感じて自信の持てる所まで待つ事が大事です。根拠のあるエントリーならば、少しくらい逆に動いたとしても、自分の思った方に動くと我慢する事ができます。そして、利益が乗ったとしても、大きな流れで取れると思った所まで決済しないで我慢して利益を伸ばしていく事も大事です。

 

もちろん、根拠のあるエントリーをしたとしても、予想した通りに動くとは限りませんから、利益が減ってしまったり失敗する事もあります。自分の予想が外れたと思った時は、潔く決済をして、次のチャンスをまた待ちましょう。

 

 

バイナリーオプションはギャンブルだった

 

巷で噂のバイナリーオプションに挑戦してみました。基本的にはお金をかけてハイ&ローを繰り返して行くようなシステムです。今から○分後にいくらになっているかを予想して当たれば倍に外れれば掛金没収という分かりやすいルールです。つまり元々ギャンブル要素がとても強いシステムになっているのです。

 

最大の特徴は掛金以上にはお金を失うことがないという点です。通常の取引だとレバレッジをきかせるため手持ちの金額以上にロスが出てしまう場合がありますが、バイナリーオプションの場合は最大でもかけた金額分までしか負けません。つまり余剰資金で手を出しやすいわけです。だからこそ初心者が手を出してしまうのですが・・・。

 

しかし取引をする前に覚えておいて欲しいのは取引をする際には手数料がかかるということです。つまり先に書いてあった当たれば倍の部分が正確には当たれば1.9倍とかその程度だという話になります。同じ金額でランダムにかけ続ければ必ず負ける仕組みになっているんですね。これは他のギャンブルでも同じです。

 

じゃあレートの変動を予測して当てればいいじゃん!という事になるわけですが、その予測ができるなら普通に為替取引をした方が儲けが出るのでバイナリーオプションでやる必要がないんです。

 

私もバイナリーオプションで食べているようなプロではないので偉そうな事は言えませんが、バイナリーオプションは基本的に負けるものであると割り切ってしまって負けても問題ないお金で遊ぶのがよいと思います。私はとりあえず10万円くらい用意して見事に全部とけました。

 

 

バイナリーオプションについて

 

私はfxを3年ほどやっておりました。あくまで副業としてやっていたので利益はそこまで大きくはなかったのですが、3年間で+200万円程度にはなりました。しかしバイナリーオプションはとても難しく、何十年もやってプラスのまま過ごせるはおそらく無理だと思いやめることにしました。

 

私は主にデイトレードをしていたのですが、とても神経をすり減らす作業で精神的におかしくなりそうでした。最初の頃はそれが嫌で、機械的に取引をして儲かる方法ないのかと色々と模索をしました。しかし考えれば考えるほど、機械的に取引をして儲ける事は無理だと思いました。機械的と言うのは裁量を一切使わずに、テクニカル分析だけで取引をするというものです。こういうシグナルが出たら順張り、逆張りというふうに淡々と取引をしていくのですが、どんなにバックテスト行って良い成績を出せたとしても結局はカーブフィッティングになっているだけなので、意味のないものでした。

 

基本的に相場はその月は年によって、大きく形を変えるものですから自分の経験と能力の高さで取引を行うしか利益を出せる方法はないと感じました。人間は機械ではありませんので、いくら自分で取引ルールを決めたところでどうしても誘惑に負けそうになることがあります。それに長くトレードをしていると、一定の損失は勝つことに必要な損失となってきます。要はドローダウンのことです。あくまでこれは計算通りだと思っていても、実際に長い間ドローダウンが続くと理屈ではわかっていても不安になってきます。結局どんだけ利益を出しても、いつ大きな損失を出すかわからないような世界ですので、安定を求める人はバイナリーオプションはやめたほうがいいと思います。

 

FXの業界は、時代の流れとともに大きく変わっている一面があります。その1つは約定力です。
そもそも外貨というものは、もちろん動いています。そして状況によっては、動きがやや激しくなっている事もあるのですね。
ところで動きが激しい時には、ちょっと困った事態が発生する事もあります。それがスリップと呼ばれる現象です。
例えば現在の外貨の金額が、33円になっているとしましょう。その際に買いの注文を行いたいと思ったので、33の時点でクリックをしたとします。
ところが外貨の動きが激しい時には、33で売買できなくなってしまう事があるのです。あまりにも動きが激しいと、33.1などで約定してしまう事もあるのです。それがいわゆるスリップという現象になります。
外貨を買いたいと思っている訳ですから、もちろん高く買わされてしまうのは困るでしょう。上記のように0.1というのは、かなり大きな数字なのですね。
特にそのスリップが死活問題になるのが、やはり短期で売買を行っている方々でしょう。長期でのトレーダーの方にとっては0.1という数字はそれほど大きなものではありません。しかし超短期売買の方々にとっては、やはりその数字は大きいでしょう。
このため最近では、冒頭の約定力をアピールしているFXの業者を増えてきています。そのような業者の場合は、上記のようなスリップが発生しづらい仕組みになっているのですね。33でクリックしたのであれば、たいていは33で約定される訳です。
ですので短期での売買を検討しているのであれば、約定力が充実しているFXの会社を選ぶと良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:01:02

FXの会社に対しては、もちろんお金を預ける事になります。銀行の普通預金でも一旦は預ける事になりますが、この投資商品もそれは同様なのですね。
ところでその投資商品で長期的な売買を行いたいと思っている方も、中にはいらっしゃるでしょう。いわゆる金利を目的に売買を検討している方も、世間では非常に多いのです。
ところで金利を目的にする以上は、やはり業者の信託保全のシステムなどは大事ではないでしょうか。基本的には長い間金融会社とお付き合いをする事になりますので、業者が破綻してしまうと大変な事になってしまうからです。
まして投資では、非常に多くのお金を預ける事も多いです。金融会社が倒産をしてしまえば、その大きなお金が減ってしまう訳ですね。ですので業者の信託保全の充実度は、やはり大切なポイントです。
ところで海外の金融会社を利用する際には、その信託保全はよく確認した方が良いです。と言うのも海外の場合は、日本ほどその保全システムが充実していない事もあるのです。
例えば海外の会社によっては、全額保全されない所も見られます。海外の会社は千差万別で、中にはその保全システムすら完備していない所もあるようです。ですので海外の会社で長期保有を売る事を検討しているならば、慎重に各社を見極めるべきでしょう。
ちなみに日本の場合は、その信託保全の充実度は比較的高いです。ですので長期保有を目的にするならば、海外ではなく日本の業者を選ぶのも一法と言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:01:02

金融関連の商品を利用する為には、たいてい手数料が発生します。思えば私たちにとって身近な銀行にも、手数料がありますね。いわゆる振り込み手数料などは、多くの方にとっては大事な問題でしょう。
もちろんFXにも手数料があって、取引をする為のものになります。いわゆるスプレッドですね。
ところでその手数料は、変動する性質を持っています。例えばある金融会社にて、米ドルの手数料が0.4銭と設定されているとしましょう。そしてその手数料は、固定されている訳では無いのですね。状況によっては動く事もあるのです。
金融業界では、たまに経済に関する重要なニュースが発表される事があります。それに伴って、外貨の流動性が高まる事があるのですね。それは上記の手数料にも影響を及ぼし、0.5や0.7などに変動する事があります。基本的には外貨の動きが激しい時ほど、変動も大きくなると考えて良いでしょう。
特にその変動が激しいのは、海外の会社ですね。そもそも上記の投資商品を提供しているのは、日本だけではないのです。海外でもその商品を提供している訳ですが、手数料がかなり激しく動くのが特徴的です。いわゆる流動スプレッドという表現が用いられる事が多いですね。
そして海外の場合は、時たまはそれがゼロになる事もあります。いわゆる手数料がゼロになる可能性を秘めているのも、海外の特徴の1つですね。
このように「手数料の流動性が比較的高い」のは、海外FXの特徴の1つと言えます。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:01:02

普通に仕事をする感覚でFXで定期的な収入が入ってくるような取引方法を確立するには、どんなときでも損失を最大限減らす努力をすることが先決になってきて、その部分をコントロールしながら取引していけば最初は難しいと感じていたFXも思いの外簡単なものと理解できるはずです。
よっぽど見当違いな手法でチャートを分析しようとしない限りはポジションを持った直後からずっとマイナス方向にしかいかないということはなく、大抵はレートの上下と連動してポジションもプラスとマイナスどちらにも動いていっていると思います。

 

それなのにいつも損失のほうが上回ってしまうと悩んでいる人は損失を確定するタイミングに慣れていなくて、チャート上の重要ポイントだけしか見ていないため資金の最適な管理方法に戸惑っている場合が多いのかもしれません。
一回の損失は資金に対して数パーセントというのがFXのプロが考える許容量ですが、チャンスを狙いにいくにはストップにある程度余裕を持たせないとすぐ刺さってしまうと考える人が多いから、その結果設定したストップが実は資金に見合わないほどの割合の損失になっていたりするのです。

 

だからそれを回避するならなるべくトレンド方向へのエントリーとその地点からのストップを浅くすることで勝率は段違いに上がりますし、今の取引方法でおかしなところがないか簡単に見直せる方法といえます。
損失をコントロールしようと努力すれば意識しなくても利益を増やすことに繋がってきて最適な取引方法が自ずと見つけられるようになるので、継続的に稼ぐことを目的とするなら長い目で見てステップアップしていくことが大切でしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:01:02

最近始めたのならまだしも私は随分前から継続的にFXをしているので、昔の規制が緩かったころのレバレッジ倍率を思い出すと今の極端な低さには納得がいかないため、資金の半分を海外口座に移して運用しています。
海外口座というと国内だけでしか取引したことのない人だとなんとなく手を出しづらく、規制に縛られない分リスクも高いというイメージがあるかもしれないけれど、実際に取引してみるとそんなに偏見どおりではなくむしろ資金が守られている面さえあるのです。

 

たとえばスイス中銀が突然為替を支えることをやめると発表したときは歴史的な相場の急変があって退場者が続出しましたが、このとき国内口座でFXをしている人は残高がマイナスになって追証を請求されたという話をたくさん耳にしました。
私はスイスフラン関連の通貨ペアはノータッチだったため被害は免れたものの、もし国内口座でポジションを持っていたなら一瞬で資金が溶けていたと思うとゾッとするのと同時に海外口座の特徴的なシステムの素晴らしさも実感したのです。

 

ポジションの損失が残高を上回ってもそれ以上の入金を必要としない制度があるおかげで、最悪でも残高がゼロになるだけだから致命的な損失を被っても再スタートを切りやすく、レバレッジの高さもあり資金を取り戻しやすいというメリットがあります。
だからこれから先もどんな相場の急変が起こるか予想もつかないし、もう半分の資金も海外口座でまとめて運用しながら大金を狙っていこうかと考え中です。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:00:02

私は仕事をしながら空いた時間でFXをしているから、家でパソコンに向かいながらじっくり取引をするよりは業者が出しているスマホの取引アプリを操作している時間のほうが極端に長いです。
たかがスマホと思われるかもしれませんが、確かにまだアプリで取引することが一般的でないころは最低限の機能しかなくてどこの業者も今ひとつの出来だったものの、今では随分進化しているので下手なパソコン用取引ツールよりはよっぽど高機能で便利だと感じます。

 

でも細かいところまでテクニカル分析で相場を読もうとするとさすがにスマホの小さい画面では限界があるわけですし、私の場合はチャートの使い勝手はそこそこでも為替ニュースがいち早く配信されて情報量の多いところを重視して使うようになりました。
仕事で忙しい中で元々チャートを常に見ているわけにはいかない上に、こうしてスマホでFXをするようになってからはデイトレをやめてスイングトレードに移行したから、ファンダメンタル的に大きな変化がありそうなときだけ気をつけていればなんとかなりそうだと思ったのです。

 

既にロングのポジションを持っていて今はそれがマイナスに転じないようチェックするのがメインになっていますし、そんなに瞬間的な判断は求められることなくマイペースな取引を続けています。
家に帰ってもパソコンは立ち上げず日中にアプリでチェックするだけで完結しているから、夜は早く寝ることができるようになって健康にもいい影響が出てきました。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:00:02

テクニカル分析がなければFXで世界中の投資家に太刀打ちすることはできないから、値ごろ感だけですぐに売買しないで必ずチャートを確認して自分が得意なインジケーターを見ることが勝利に繋がります。
表示する分析ツールがチャートを覆い隠すくらい多いと、見た目で混乱するだけでなくシグナルがバラバラでインジケーターとしての機能を果たさず本末転倒になってしまうので、あくまでもローソク足をメインにしてさりげなく添える程度の量で十分です。

 

かといって逆に何かひとつだけを厳選して使ってFXをするのは、かなり修羅場をくぐってきてどんな状況でも冷静に対処できる投資家じゃないと意外と難しいものですし、二つか三つ程度がチャートを見て一瞬で状況を把握できるちょうどいい数といえます。
その中でも自分が取引をするときのスタンスに適合したインジケーターに統一すると分析するときに同じシグナルが出やすいため惑わされず、初心者でもすぐにチャンスを見つけやすいチャート画面が作れるので慣れるまではあまり個性を出さないほうがいいでしょう。

 

トレンドフォローが得意ならトレンド系で揃えることで方向感を掴みやすく売買を行うときの根拠にとても自信が持てるから、中途半端な気持ちで弱気にFXをするよりも自然と取引能力の向上が期待できるのです。
まずは順張りか逆張りのどちらかだけをマスターしようと努力し、ある程度コツがわかればトレンド系とオシレーター系の複合で分析していくと良いと思います。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:00:02

チャートを見続けてテクニカル分析を怠らないのと同時に、FXでは米国雇用統計発表の日が月に一度のお祭りのためその前後の主要な経済指標の発表時間とそのときのマーケットの空気を読むファンダメンタル分析が、稼いでいくために必要なスキルになってきます。
為替相場で稼ぐ方法は差益を狙うやり方なので、一定以上のボラティリティが見込める雇用統計を含む週はどんなトレードスタイルの人でも注目していますし、主要な経済指標が並ぶこのタイミングだけでFX取引をして稼ぐ人も大勢いるくらいです。

 

ただ、値動きが活発になることの多い週ですが特に雇用統計発表の直前などは様子を伺っているせいか取引の手を休めているトレーダーが多く、一時的に極端に狭い保ち合いが続く可能性があるから時間帯的に普段は為替が動いていても同じ感覚で取引しないことに注意したいです。
だから新規のポジションを持つなら指標前ではなく発表後の動きを見ながらテクニカルとファンダメンタル両面で好機を待つと上手く波に乗れますし、指標の前に一応予想を立てていても想定外の発表もありえるので、勝つためにFXをするなら数値を見てからでも遅くはありません。

 

雇用統計では発表直後の勢いをすべて否定する全戻しという現象も多く見られ、そのため発表後に少しでも有利なポジションを持とうと早まるのは禁物なので、レートをリアルタイムで目で追いながら勢いの第二波を確認するとダマシを避けられる確率が上がります。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:00:02

読みが当たってトレンドに沿ったポジションを持ってもそれをどこで決済するのかが今度は重要になってきますし、含み益ということで損失の場合ほど危機感を持たず何も考えずに裁量で利益の確定を決めている人がFXトレーダーには多いかもしれません。
でも、含み益だからどこでもプラスになるから深く考えないでいいということは実質的な利益を減らしていることに他ならないので、楽観視せず損失と同じように真剣にチャートを見ていくことがどんな取引でも冷静になれるメンタルを作り上げるのです。

 

利益が少ないうちから早期決済して利小損大になることを防ぐには、ポジションを持っているときに損失方向への為替の動きが極端に弱まらないうちは強気でホールドし続けて、なるべく広い値幅を狙うことだけを考えないといけないです。
わかりやすい目安ですと日足がトレンド方向に偏っていて、例えば上方向に伸びているのなら高値と終値がローソク足の実線よりも狭いうちはまだ決済を考えるべき段階ではないと思うから、このときは取引の操作よりも利益を確保したいという頭の中の欲望を抑えることがFXで大事だといえます。

 

一旦上値が押さえられてその後大きく抵抗帯を突破してもすぐに価格が下がってきたらそれがトレンドの終わりかもしれないので、さらにそこから抵抗帯を試して下がればいわゆる三尊といわれるチャートパターンだと判断できますし、決済してドテンで新規売りを持てば往復でトレンドに乗るチャンスになります。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:00:02

老後の資金需要の高まりや年金や保険料などの社会保険料の値上げに加えて、国債と定期預金の金利がここ数年低水準となっていることもあり、自己資産をより効率的に管理して増やそうと投資に興味を持っている人の割合が多くなってきています。
一昔前であれば投資を行うためには金融機関の窓口へ出向いて専用口座を開設して取引を行う必要がありますが、スマートフォンが普及した現代では、スマートフォンで口座開設からその後の口座管理、投資を効果的に行なうための情報収集から実際の取引まで時間や場所に関係なくできるようになりました。
投資への重要の高まりとともに気軽に投資ができる環境が整備されたことで、近年では資産管理の手法が預金から投資へと移行しつつあるのです。
一口に投資と言ってもその種類には様々なものがあり、様々な方法があるわけですが、失敗するリスクが小さく専門的な知識を多く有していなくても行いやすい投資方法として高い人気を誇っているのがFXとなります。

 

FXはインターネットで簡単に口座開設ができますし、情報収集や取引も同様にネットで気軽に行なうことができます。また儲けを出す方法も貨幣の値段が安い時に購入し貨幣の値段が高くなった時に売れば良いので、シンプルでわかりやすいという点からも投資初心者にはおすすめの投資手段と考えられるのです。
FX取引を行う際には専用の口座を開設して貨幣の売買を行う必要があるわけですが、取引の際には手数料が必要となることを初心者は知っておかなければなりません。
近年では取引にかかる手数料は無料であるFX業者が多く、手数料といえばスプレッドを示すことが多くなっています。従ってFX業者を選ぶ際にはスプレッドが低い業者を選ぶことが基本となるのです。

 

スプレッドが低い上に取引がしやすい業者として人気なのがdmm fxとなります。
dmm fxは全20種類の通貨ペアで業界最安水準のスプレッドとなっていますし、スプレッドは原則固定となっているので取引がしやすいのです。
またdmm fxはスマートフォンでの取引キャンペーンなどキャンペーンを度々行っているので、通常の取引もお得に行なうことができるのです。

続きを読む≫ 2015/05/31 08:42:31
ホーム RSS購読 サイトマップ