バイナリー投資で安定した副収入

バイナリー投資で安定した副収入

バイナリーでは焦らない、待つことも大事

初心者の人や負け越している人がやりがちなのですが、バイナリーでのエントリーや利益決済で待つことができない、という事があります。どういう事かと言うと、チャートを見て5分足などを眺めていると、ロウソク足がピコピコと動いていて、パッと上がった時にもっと上がるだろうと、思わず買いのエントリーを押してみたり、そこで利益が出るととせっかく乗った利益を逃してなる物か、利益が下がらないうちに、とすぐに決済してしまう事です。

 

バイナリー相場は上がったり下がったりを繰り返して、上昇、下降、あるいはレンジ相場を作っているので、上がると思った所でいったん下がったり、せっかく上がった物が下がったり、その逆になる事もよくあることです。大きな流れで見ていたはずなのに、短いロウソク足の動きに気がいってしまい、思ったのと逆の動きをしたり、少しの利益でもせっかく出た利益が減りそうになると思わず決済してしまうのです。15分足や30分足など、長い目で見ればもっと利益が出せるはずの相場に乗っていたにもかかわらず、目先の微益を取りにいってしまうのです。

 

そして、利益はすぐに決済してしまうのに損益になると、また戻るはずだ、戻るまで我慢我慢、と心臓バクバクしながらチャートとにらめっこして、結局戻りきらずに大きな損になってしまうというパターン。これは、エントリーそのものに自信がないのと、損益を極端に恐れるあまりの心理が働いて起こる事だと思われます。という私もそうでしたので、気持ちはよく分かります。
しかしバイナリーで勝つためには、チャートを見るたびに利益が取れそうだ、とエントリーするのではなく、大きな流れを感じて自信の持てる所まで待つ事が大事です。根拠のあるエントリーならば、少しくらい逆に動いたとしても、自分の思った方に動くと我慢する事ができます。そして、利益が乗ったとしても、大きな流れで取れると思った所まで決済しないで我慢して利益を伸ばしていく事も大事です。

 

もちろん、根拠のあるエントリーをしたとしても、予想した通りに動くとは限りませんから、利益が減ってしまったり失敗する事もあります。自分の予想が外れたと思った時は、潔く決済をして、次のチャンスをまた待ちましょう。

 

 

バイナリーオプションはギャンブルだった

 

巷で噂のバイナリーオプションに挑戦してみました。基本的にはお金をかけてハイ&ローを繰り返して行くようなシステムです。今から○分後にいくらになっているかを予想して当たれば倍に外れれば掛金没収という分かりやすいルールです。つまり元々ギャンブル要素がとても強いシステムになっているのです。

 

最大の特徴は掛金以上にはお金を失うことがないという点です。通常の取引だとレバレッジをきかせるため手持ちの金額以上にロスが出てしまう場合がありますが、バイナリーオプションの場合は最大でもかけた金額分までしか負けません。つまり余剰資金で手を出しやすいわけです。だからこそ初心者が手を出してしまうのですが・・・。

 

しかし取引をする前に覚えておいて欲しいのは取引をする際には手数料がかかるということです。つまり先に書いてあった当たれば倍の部分が正確には当たれば1.9倍とかその程度だという話になります。同じ金額でランダムにかけ続ければ必ず負ける仕組みになっているんですね。これは他のギャンブルでも同じです。

 

じゃあレートの変動を予測して当てればいいじゃん!という事になるわけですが、その予測ができるなら普通に為替取引をした方が儲けが出るのでバイナリーオプションでやる必要がないんです。

 

私もバイナリーオプションで食べているようなプロではないので偉そうな事は言えませんが、バイナリーオプションは基本的に負けるものであると割り切ってしまって負けても問題ないお金で遊ぶのがよいと思います。私はとりあえず10万円くらい用意して見事に全部とけました。

 

 

バイナリーオプションについて

 

私はfxを3年ほどやっておりました。あくまで副業としてやっていたので利益はそこまで大きくはなかったのですが、3年間で+200万円程度にはなりました。しかしバイナリーオプションはとても難しく、何十年もやってプラスのまま過ごせるはおそらく無理だと思いやめることにしました。

 

私は主にデイトレードをしていたのですが、とても神経をすり減らす作業で精神的におかしくなりそうでした。最初の頃はそれが嫌で、機械的に取引をして儲かる方法ないのかと色々と模索をしました。しかし考えれば考えるほど、機械的に取引をして儲ける事は無理だと思いました。機械的と言うのは裁量を一切使わずに、テクニカル分析だけで取引をするというものです。こういうシグナルが出たら順張り、逆張りというふうに淡々と取引をしていくのですが、どんなにバックテスト行って良い成績を出せたとしても結局はカーブフィッティングになっているだけなので、意味のないものでした。

 

基本的に相場はその月は年によって、大きく形を変えるものですから自分の経験と能力の高さで取引を行うしか利益を出せる方法はないと感じました。人間は機械ではありませんので、いくら自分で取引ルールを決めたところでどうしても誘惑に負けそうになることがあります。それに長くトレードをしていると、一定の損失は勝つことに必要な損失となってきます。要はドローダウンのことです。あくまでこれは計算通りだと思っていても、実際に長い間ドローダウンが続くと理屈ではわかっていても不安になってきます。結局どんだけ利益を出しても、いつ大きな損失を出すかわからないような世界ですので、安定を求める人はバイナリーオプションはやめたほうがいいと思います。
参考:他とは比べ物にならないバイナリーオプションの難しさ

 

為替相場は世界の情勢にとても敏感です。取引通貨で代表的なのは米ドル円です。FXの中で一番人気がある通貨です。現在の米ドル円は115円から120円のボックス内での動きをしています。アベノミクスによって円安が進んでこのようになりましたが、それが起こる前の米ドル円は最高に円高が進んで、77円ぐらいでした。円安が進み始めたのが2013年になってからです。現在は2015年ですから2年かけて40円近い値動きをしたことになります。米ドル円は、通貨の部類ではクロス円です。他にもクロス円では、豪ドル円、ユーロ円、ポンド円があります。それぞれ値幅は違っても、アベノミクスによって大きく円安が進みました。日本の情勢によって円安が進むとき、やはり日本と密接な関係にあるのが米ドル円ですので、一番大きく動きます。日本にはたくさんの企業があり、決算のときに米ドル円が買われます。通貨にはそれぞれ適正価格というものがあります。米ドル円が円高になりすぎると日本の企業が困り、また円安になりすぎても困るわけです。過去に通貨の行き過ぎを修正する手段として、円売り介入が行われたことがあります。東日本大震災のときで、まだ記憶に新しいです。大地震が起こったことで、日本の先行きに不安を感じ、さらに円高が進行したので、これではいけないと思ったことで日銀が円を売って強制的に価格を持ち上げたのです。確か3円ぐらいだったと思います。1日で3円って普通の相場とは桁が違います。

続きを読む≫ 2015/04/14 12:21:14

とあるアニメで有り金全部溶かした顔というネタを見た事と、まとめサイトで失敗談を見た事でバイナリーへの興味を持った私が調べてみたのが5年前29歳の時でした。

 

まずはバーチャルのバイナリーで練習すべしというアドバイスをネットより得た私はバーチャルバイナリーをしているサイトを見つけ、そこで一番設けた人に車をプレゼントしているというのにも魅力的だったので個人情報を登録しスタートしました。

 

だが、始めた時期が悪かった。私がバーチャルのバイナリーを始めたのは民主党政権時代突入直後だったのです。
この頃の為替相場は経験者でも読みづらく、初心者の私は当たり前の様に買うか売るかの二択は外し続け、
登録時に手元にあった300万の仮想資金があっという間に無くなって、プレイ続行不可能になってしまいました。
私が登録したサイトでは二ヶ月ごとに結果発表があり、そこで上位だった人に賞品が渡された後リセットされる
というルールだったので一度持ち金が無くなってしまうと最長で二ヶ月見てるだけになってしまうのです。

 

このサイトで半年間、300万×3=900万円の仮想資金を使ってプレイしていましたが、
一度目は一週間で資金が一万円以下に。二度目は一カ月半で惜しくも力尽き、三度目はちょっとずつ儲けていた
けれど調子にのって倍率を100倍にしてみたらその日の内に1200万の損失を出し持ち金がマイナス800万、
正に有り金全部溶かすどころか借金地獄行きになってしまいました。
・・・バーチャルで本当に良かったです。

続きを読む≫ 2015/04/14 12:19:14
ホーム RSS購読 サイトマップ